大企業の支社や中堅・中小企業のIT環境は、成長・拡大とともに複雑化している。こうした課題の解決には、サーバ、ストレージ、ネットワーク、管理機能を統合するプラットフォームが有効だ。デルの統合型ITプラットフォーム「Dell PowerEdge VRTX」の導入優位性を解説する。

要約

 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。

 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシステム管理ツールを使用する複雑さ」「ITソリューションのリモートオフィス・支社や中堅・中小企業への適合性欠如」といった課題を解決するのが、統合型ITプラットフォーム(コンバージドインフラ)だ。

 本ホワイトペーパーは、デルのコンバージドインフラ「Dell PowerEdge VRTX」の解説である。サーバ、ストレージ、ネットワーク、管理機能をコンパクトな1つの筺体に収納し、仮想化/プライベートクラウドに適している。また、電子メール、統合コミュニケーション基盤(UC&C)、データベースアプリケーションなど幅広いアプリケーションをサポートしており、従業員が利用できるIT機能の強化を実現する。ITインフラのシンプル化、効率化、コスト削減を実現したいと考えているIT担当者には、ぜひ確認してほしい内容となっている。